”簡単な英語”の絵本選び【赤ちゃんと一緒に学びたい】

Pocket

赤ちゃんに英語の絵本を読んであげたいパパやママに、「簡単な英語」を使った絵本を厳選して7冊紹介します。日本語の絵本を読むときと同じように、ゆっくりゆっくり発音して読み聞かせすれば、英語が苦手でも大丈夫です。(紹介する絵本は全てAmazonで買える絵本です。)

 絵本の紹介         

Let’s Play

短い文章、シンプルな絵、綺麗な色合いが特徴の絵本です。英会話の教室でもよく使用されています。ネズミのキャラが本当に可愛くて、ページをめくるたびに、顔がゆるんでしまいます。文字も少ないので、リズム良く読めます。

“Good morning!”で始まり、”good night!”で終わるこの本は、2匹の仲良しネズミが、一日を何をして遊ぶかについて話している内容になっています。

なお、13cm×17cm程度の大きさになっていて、持ち運びにも便利です。

Goodnight Moon Book and CD(おやすみなさいおつきさま)

寝る前の子どもを寝かしつける時に読み聞かせるのにぴったりの絵本です。英語をリズムよく読めるように韻をふんで書かれていて、赤ちゃんが癒されながら安心して眠ることでしょう。付属のCDには3トラック分入っていて、ゆったりとしたリズムと癒される効果音つきの朗読トラック、句や文の最後の語のみの音声が消され、読み聞かせをする方が補ったり、子どもが発音したりするためのトラック(最初のトラックよりも朗読ペースが少し速いです)、そして本書の内容を歌にしたトラックが入っています。絵の色使いと文章の構成がとてもよく、センスあふれていると思います。

ぼくのせかいをひとまわり

ひとつ上で紹介している「Goodnight Moon」の続編です。「Goodnight Moon」で赤ちゃん時代を楽しんだ親子にも、初めてこの絵本の世界に触れる方にもお勧めできる一冊です。かんたんな文章に込められている幼児の世界観に親としてハッとさせられる絵本です。繰り返し読んでいくと、詩のようなストーリーに惹かれていきます。

The Runaway Bunny

親子の愛の深さ、愛情をとても上手に表現している本です。白黒の文章のページとカラーの絵だけのページがほぼ交互になっているのですが、この”絵”がかなりファンタスティックなのでインパクトがあります。「ママはこんなに子供のことを愛しているんだよ」と絵本を通じて赤ちゃんに語りかける、特に親が楽しめる一冊です。読んであげながら涙が出そうになります。

The Very Hungry Caterpillar board book(はらぺこあおむし)

英語圏の幼稚園生なら、一度は読んでいるエリック・カールの名作。この本では食べ物と数字がでてきますが、こどもたちにとってとてもわかりやすい内容のものになっています。果物を数えることで、1から5までの数字を認識します。月曜日から日曜日までの一週間を認識します。色も綺麗なので、目にしているだけでも楽しい絵本です。日本では「はらぺこあおむし」として出版されており、馴染み深い方も少なくないのではないでしょうか。

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?

リズムがいいのが特徴で、絵よりも文章に惹かれる子供も少なくないのかもしれません。もちろん絵も綺麗な色が使われているので見ていても楽しめる一冊です。リズミカルに同じフレーズが繰り返される辺りが癖になります。鮮やかな色使いがとてもきれいで、絵も分かりやすいため年齢を選びません。

Pat the Bunny

いろんな仕掛けが隠されていて、お父さんの顔のひげの部分がやすりになっていたり、お母さんの指輪に指を入れたりできます。本の中で登場する花をクンクン嗅ぐといい香りがします。さわって楽しめるので、英語どころか言葉がわからない赤ちゃんでも楽しめるのではないでしょうか。単語も直感的にわかるような印象的なものばかりです。大人も、読んでいて説明を求められた時に、定義を難しく考えなくても擬音などで概念を直感的に説明しやすいです。

 英語が苦手でも構わない    

いかがでしょう。お子さんと一緒に読んでみたい絵本が見つかったでしょうか。

子供のために英語に触れる環境にしてあげたいけれど、自分が英語苦手なのに。。。と思っているパパ・ママはたくさんいると思います。焦らず気負わず、まるで音楽を聴くような感じでリラックスしてスタートしてみてはいかがでしょうか。まずはイラスト重視の絵本から。いつだってパパ・ママの声と共に赤ちゃんはその音をまずは心地よく感じるので、英語の絵本を読み聞かせる年齢は特に関係ないと思います!

何を選べばいいか迷った時は、まずは自分が興味を持てそうなものを選ぶことも一つの手かもしれません。

難しく考えず、赤ちゃんと一緒に楽しみながら絵本を読んであげてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする