【解決】共働きなのに家事をしない夫に疲れたら

Pocket

398894

共働きなのに家事をしない夫にイライラしていませんか?その状態を続けているとあなたは体を壊すか病気になってしまいますよ!この記事では家事をしない夫への不満をスッキリ解消する方法を紹介します。きっと目から鱗が落ちることでしょう。(ちなみに私は結婚11年のヒヨッコ兼業主夫ですが。)

男は勘違いしている

そもそも、男は家事をしなくても自分が魅力的だと勘違いしています。いくらお金を稼いでこようが、家事をしない男なんて全く魅力的ではありませんよね。。ましてや男は子供っぽい自分が妻にとっては可愛いと思い込んでいます。恋愛関係の時は、男の子供っぽさというのは無邪気で可愛く映るかもしれませんが、結婚したら話は別です。はっきり言って、夫の子供っぽさなんてひとかけらも要りません。ただ、それを夫に言ってしまったらへそを曲げてしまうことでしょう。そうなると喧嘩になったり何かと厄介なので、できれば別の方法を考えたほうが良さそうです。

諦める?

では、夫と喧嘩をせずに自分の不満を解消する必要があります。不満を解消する例としてヤフー知恵袋などでよく紹介されている方法に「夫に期待しない」「諦める」があります。

どうでしょう。諦めるのはあまりにも短絡的で脳がないと思いませんか?諦めることで一時的に気持ちが楽になるかもしれませんが、結局現状は何も変わりません。気の持ちようとでも言うのでしょうか。どうか諦めることはしないでください。諦めても辛いままですよ。

夫はズルい

男女に限らず人間というのは、自分の都合の悪いことはできるだけ向き合わずに避けて通る生き物です。しかし私の経験上、特に男は逃げることが多いように思えます。夫は自分が家事をしていないことに対して奥さんに後ろめたさがあるため、家事の話題になると自分が不利になることがわかっています。そのため、家事をしたくない夫は極力家事の話題をしないようにします。ひどい場合夫は自分が不利な状況にならないように、

「自分のほうが稼いでいるんだからお前は家事をして当然だ!」

などと怒りだしたりします。本当、男というのははズルい生き物です。なんでしょうね、頭が悪いのでしょう。人の気持ちがわからないというか。

私はそもそも仕事と家事を比較すること自体おかしな話だと思います。じゃあ家政婦さんを雇いますか?一般的に考えても、例えお金が余っていようが家政婦さんを雇うという選択肢はなかなか取らないと思います。ということは、家事はお金で解決できるものではありませんよね。なので、自分のほうが稼いでいるんだから家事をしろという理屈は通用しません。

し・か・し、

夫を理屈で言い負かしてしまっていいものでしょうか?男は無駄にプライドだけ高いものです。はぁ、めんどくさい…。

夫にイライラしないでよくなる方法

そんなめんどくさい生き物と今後も付き合っていかなければなりません。そこで私が解決策を提案したいと思います。

夫にありがとうの気持ちを持ってもらう

514697

夫が家事をしないということは、奥さんがして当然だと思っているわけですよね。奥さんに対してありがとうの気持ちがないんです。夫はなぜこんなにも奥さんに対して理解がないのでしょうか。それは、もしかすると奥さんが夫に理解がないからなのかもしれません。相手に理解して欲しければ、自分が先に相手を理解する必要があります。好意に対して好意が返ってくるわけです。

では、具体的に何をすれば良いのでしょうか。

夫の仕事の話を聞くだったりは小手先の理解にすぎません。それよりも、夫の趣味を理解してみてはいかがでしょう。趣味というと、ただ単に夫が好きなことしてるだけでしょと考えてしまいがちですが、夫にとって趣味は大きな意味を持っています。趣味の時間は夫にとって癒しの時間であり、元気の源なのです。

この大事な時間を理解してあげることで夫は元気になります。元気になると気持ちに余裕が生まれ、初めて周りが見えるようになるのです。こうなるとしめたもの。あとは堂々と奥さんがどれだけ家事を頑張っているかアピールしましょう。夫は好きなことをさせてもらっているので奥さんに対して感謝の気持ちが芽生えるていることでしょう。自然とありがとうが言えるようになります。趣味の内容にもよりますが、もし気が向くのであれば夫の趣味に付き合ってあげてみてもいいと思いますよ!

家事を減らす

しかし、ありがとうと思ってもらうだけでは気持ちの面で楽になるかもしれませんが、奥さんがやっていること自体は変わっていません。夫が家事をしてもいいかなぁと思える状況を作ることが大切です。そのためには今している家事を見つめ直しましょう。そして思い切って家事を減らしましょう。そうすることで、このくらいなら自分にもできるかなと夫が思って自然と家事をしようと思うようになるでしょう。

家事は具体的に、炊事、洗濯、買い物、掃除といったところでしょうか。

外食を増やせば炊事、買い物が減ります。少し良い洗濯機を購入して乾燥機を導入すれば洗濯の手間が減るし、食洗機を買えば洗い物の手間が減ります。家事にお金をかけると家事がラクになるのであながち悪いことではないと思います。(ここでは具体的な例は割愛します以前私が書いた記事を参考にしてみてください。)

【アイデア】時短で辛い家事から解放される【効率化】

ただし、家事を減らすと言っても限度があります。どうしても家事をする時間が足りなければ、早起きして家事をするのも手かもしれません。早起きするのがきつければ、掃除は1日に5分しかしないと決めてしまうのもアリでしょう。5分でも結構キレイになりますよね!

まとめ

いかがでしょうか。少しはイライラが解決しそうでしょうか?なんというか、イライラするのは気持ちの持ちようではありません。諦めるなどの短絡的な方法ではなく、前向きな具体的な方法で解決しなければ状況は何も変わりません。いまいちど夫婦の関係性を考え直してより良い生活に向けてあなたなりの具体的な一歩を踏み出してください。この記事がその一歩の参考になればいいなと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする