iQOS(アイコス)がすぐ赤点灯!原因は寒さに弱いことだった。

Pocket

アイコス(iQOS)を吸おうと思ってアイコスチャージャー(充電器)から取り出すと赤色ランプ点灯してすぐ消える…。また、いつもどおり緑色のランプが点灯していて、アイコスヒートスティック(たばこ)をホルダーに挿して、いざ吸おうと思うとすぐ赤点灯…なんてことも。その動画を撮影しました。

ハァ、吸いたいのに吸えない…。尋常じゃないストレスですよね。ヒートスティック(たばこ)を挿した後だからせっかく挿したヒートスティック(たばこ)を取り出さないといけないし。なんて面倒くさい…。

え、故障したの?と焦りますよね。もちろん故障の可能性もあるのですが、多くの場合は故障ではありません。この記事ではこのようにアイコス(iQOS)ホルダーがすぐ赤ランプ点灯する場合の原因と対策を書いています。

iQOS(アイコス)が最近調子悪い。

冒頭で紹介した動画のように、最近iQOS(アイコス)がまともに吸えません。イライライラ…。またアイコスホルダーを交換しないといけないのか…。と嘆きながらも、Googleで検索をして調べてみました。すると、どうやら故障ではないようです。原因はiQOS(アイコス)の弱点、寒さに弱い!ということでした。

アイコスホルダーは寒さに弱い。

アイコスは電気でブレードを加熱してアイコスヒートスティック(たばこ)を吸うという特性上、熱が命なのです。そのような背景から、寒さに弱いのです。知らなかった方も多いのではないでしょうか。私も知りませんでした。

つまり、冬とアイコスの相性が悪いのです。おそらく、充電が完了していざヒートスティック(たばこ)を挿して吸おうとしても、熱が足りないから吸えませんよ!ということなのでしょう。一回挿しているからヒートスティック(たばこ)に穴あいちゃってるし、微妙に加熱されているから吸いなおす時にスカスカだし。どうしたものでしょう。

充電後すぐ赤ランプが点灯することも。

このようにアイコスホルダーは寒さに弱いのです。アイコスホルダーを寒い部屋などに置いておくと、アイコスホルダー(加熱ブレード)が冷え切ってしまって、充電が完了していても赤ランプが点灯してすぐ消える。充電も完了しているから充電し直すこともできない…なんてことがあります。こんなの故障だと思ってしまいますよね?

対策・対処方法。

そんなアイコス(iQOS)が赤ランプ点灯して吸えない時の対策・対処方法を私が四苦八苦(しくはっく)しながら見つけました。対策・対処方法を4つ紹介します。

アイコスホルダーを空焚き(からだき)して充電し直す。

アイコスホルダーがすぐ赤ランプ点灯するのは、加熱ブレードが冷えすぎて加熱する力が足りないからなので、あらかじめ加熱ブレードを温めることで解決することができます。そこで、アイコスホルダーを充電器から取り出してヒートスティックを挿さずに空焚きします。空焚きすることで加熱ブレードが温まり、しかも放電します。すると加熱ブレードが温まるし、充電もできるようになるのです。

具体的な手順は、

  1. アイコスホルダーを空焚きして10回ほど緑ランプを点滅させる。
  2. ボタンを長押ししてランプを消して空焚きを止める。
  3. 充電器に入れる。
  4. 約1分後に再度取り出して、いつもどおりヒートスティックを挿して吸う。

です。かなり面倒ですがこれで一応吸えるようになります。しかしこの方法は、充電器から取り出した時にいきなり赤ランプ点灯している場合は空焚きすらできないので使えません。

アイコスホルダーを直接手で握りしめて温める。

もし充電器から取り出した時にいきなり赤ランプ点灯している場合は、なんてアナログな方法なんだという話ですが、アイコスホルダーが冷たくなっているせいで加熱が足りない状態なので、アイコスホルダーを体温で温めるのです。手でアイコスホルダーをしばらく握りしめてください。すると赤ランプ点灯から緑ランプ点灯に変わります。そして、空焚きして充電しなおすことができます。手が冷たくて温めるのが困難な場合はホッカイロなどを使うのも良いかもしれません。カイロを使う場合はアイコスホルダーが壊れない程度に温めてください。

Amazonでホッカイロを探してみる→

※Amazonのリンクを載せていますが、お近くの薬局などで買う方が送料がかからないので安いと思います。値段の参考にしてみてください。

ポケットに入れて肌身離さず持ち歩く。(推奨)

この方法が最も効果的で一番ストレスが少ないと思います。はじめからアイコスホルダーを保温しておくのです。充電器に入れた状態で常にポケットなどに入れて体温で保温しておくのです。私はこの方法を使っています。

要するに、アイコスにとって冬じゃない状態を作るわけです。この方法をとることでいつもどおり吸いたい時にアイコスを吸うことができます。これが一番面倒じゃないはずです。ただし、持ち歩くわけなので壁などにぶつかるのが気になります。そんな時はケースをつけるのも有効的だと思います。

Amazonでアイコスケースを見てみる→

ケースに入れてホッカイロとともに持ち歩く。

アイコスを肌身離さず持ち歩くのが嫌だ、カバンに入れて持ち歩きたい。などの声もあると思います。その場合は、ケースに入れてホッカイロと一緒に携帯するのが良いと思います。ケースに入れずに直に(じかに)ホッカイロに当てると故障が怖いので、必ずケースに入れましょう。保温目的に相性の良いケースをいくつか紹介します。

Amazonでアイコスケースを探す→

Amazonでホッカイロを探す→

まとめ。

いかがだったでしょう。アイコス(iQOS)がすぐ赤ランプ点灯してしまう場合の対策・対処方法を紹介してきました。正直、アイコスにこんな弱点があるのは非常に残念でなりません…。私はすっかりアイコス中毒(アイコス厨)なのでアイコス(iQOS)のない生活は考えられません。きっとこの冬をきっかけに普通のタバコに戻す人も多いことでしょう。フィリップモーリス(iQOSの会社)には頑張って改善してほしいものです。ただし、現段階ではアイコスを吸い続けるためにはアイコスホルダーの加熱ブレードを温めるしか方法がありません。アイコスを吸い続けたい方はこの記事をぜひ参考にしてみてくださいね!

【新型iQOS 2.4 Plus】

【旧型iQOS】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする